読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷えるアラサーと重症筋無力症

「重症筋無力症」という難病に日々翻弄されながらも、自分にとってのベストな生き方を模索していくアラサー女のブログです。

診断がつくまでの経緯④

2013年2月22日、入院生活がスタートしました。

 
 
そして初日から痛い検査。。。
腰椎に針を刺し、髄液をとる検査です。
 
生まれつき!必要以上に心配症な私です。
 
入院が初めてで不安いっぱいの中、
横になり、自分からは見えない後ろの位置から腰に針をブスリ。
不安と恐怖で痛みも倍増してたのでしょうか、つらかった記憶しかありません。。。
(大げさかもですが…泣)
 
 
終わったあと、検査の影響なのかはわかりませんが…頭痛がひどくて数日治りませんでした。
 
 
土日は検査がなく、明けた月曜日に
MRIと筋電図という針を筋肉に刺して軽い電流を通す?ような検査を行いました。
この二つはすぐに結果が出て、特に異常はなしとのこと。
 
あとは髄液と血液(いつ採取したかは不明)
検査の結果待ち…
ウイルス性のものではないか?と言われ、
今週には退院し、ステロイドを使っていくかもと言われる。
 
 
「え、もう退院…?!何も原因ハッキリしてないのに…」
正直なところ、今のまま症状は変わらないのかーーーと思ったら、涙が出そうになった。