読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷えるアラサーと重症筋無力症

「重症筋無力症」という難病に日々翻弄されながらも、自分にとってのベストな生き方を模索していくアラサー女のブログです。

ところで!ドラマ『結婚式の前日に』

みたもの感じたもの

見てる方、いらっしゃいますか???

 
 
久しぶりの連ドラ主演の香里奈さん、色々あっての復帰作。
その「色々」の部分はあんまり知らないけど、何となくのスキャンダルのイメージからそんなにドラマに興味なかった。
 
けど、
「結婚直前・病気」
のワードを見ると、どうしても自分と重ねてしまうんですよね〜!
とりあえずな気持ちで録画しました。
なのでリアルタイムではなく、少し時差ありで私は見てます。
 
 
率直な感想は
「なんで視聴率低いんだろ〜〜〜、もっとみんな見てよ〜〜〜!見ようよ〜〜〜!!!」
 
…です(笑)
 
 
病気とわかった主人公の戸惑い・葛藤が本当によく伝わってきます。
 
例えば…
「婚約者」とこのまま一緒にいてもいいのか、病気の自分の世界に巻き込んでしまってもいいのか。巻き込むことで、相手の自由や将来を奪ってしまうのではないか。
 
「家族」にこそ、近すぎて大切な存在だからこそ、病気のことを中々話せない。どう伝えようか。
 
「仕事」を続けたい。想い入れのあるプロジェクト、責任のある役職にやっとつけた…けど、どこまで携わっていけるのか。
「同僚・上司」へ病気をいつ伝えよう。仕事を続けていくのなら、ある程度の理解を得た方がいいのだろうか。
 
などなど。
 
 
病気になった私は、今までどおりにいかないことがたくさんあるなぁ…と感じています。
具体的には、いま休職しているので、仕事の面で大きく感じます。
働きたい!という想いは強いけど、今までの会社で平日5日勤務の正社員としてやっていくのは、体の症状から考えると難しいのかな。と。
 
突然休んでしまうと周りの方に迷惑掛けるし、そもそも働けるのかな。と。
 
もちろん、変わらずできることはありますが、病気になる前と今とでは、世の中の見え方や考え方が変わりました。
 
少し話が広がってしまったけど!
 
主人公や周りの人々の人生に「病気」が入ることによって、気持ちだったり、生活の仕方だったり、影響されることがどれだけ多いか。
そういった描写がとても丁寧です。
ドラマを見ていて、どの登場人物の心情も共感できるところがあります。
 
主人公のお母さん、規格外のはちゃめちゃです。(笑)
だけど
「最近見てないから、病気の娘を笑わせてあげたい」って想い、素敵でした。
 
頑張れって「励まし」ばかりではなく、
ただただ「明るい気持ちに向かわせてくれる」
そんな人って、病気を思うと暗くなってしまう私のような人間には必要な存在!と、改めて実感できました。
 
症状が進むにつれて主人公がどうなっていくのか…どんなラストを迎えるのか、とても気になります。
 
今いっちばん色んな人に見てもらえたらいいな〜なんて思うドラマです!♬